Archive for 7月, 2013

外貨預金のリスク

外貨預金は、良いことばかりではありません。外貨預金のリスクを、しっかり把握してから、外貨預金をはじめてください。

外貨預金は、為替手数料がかかります。この手数料は、各銀行によって異なります。買ったときの手数料、売ったときの手数料、金利だけではなく、手数料の比較もしたいですね。せっかくの高金利商品でも、手数料のことを考えると、手数料は、できるだけ安い方がありがたいですよね。

そして、日本円での定期預金や普通預金と、一番の違う点は、外貨預金は、預金保険制度の対象外なのです。金融機関の破綻は、現実に起こっています。今後もわかりません。外貨預金については、その保障制度からの対象外なので、もしも預けた先が破綻した場合には、お金が戻ってきません。

他には、元本割れになる場合があるということです。元本割れは、為替相場の変動によって生じる場合もありますし、手数料を引かれた段階で、元本割れになる場合もあります。流動性のリスクとして、普通預金での外貨預金は、いつでも引き出すことができますが、外貨預金で定期預金をした場合には、途中で引き出すことができません。

外貨預金での定期預金をしていて、為替レートのタイミングを見ていて、有利な為替の時があった場合でも、定期預金の場合は、満期まで待たなければなりません。為替レートは、日々変わっています。外貨預金をはじめる際には、今の世の中の状況を良く知った上で、はじめてください。